top of page

[キムチ炒飯] 旨味を倍増させる作り方とパラパラのメカニズム

炒飯(チャーハン)。手軽に出来る上に老若男女問わず皆大好き!でも米がベチョっとしたり、失敗も多い料理です。そんな家庭の定番をグッとレベルアップするための技術やヒントを動画にしました。各工程を論理的に理解することで、あなたも出来る!プロの味!

キムチ炒飯

炒飯ってどうやったらパラパラになるの?


方法は色々ありますが、今回紹介するのは、あらかじめ卵とご飯を混ぜておく方法です。

一見変な方法ですが、卵で米をコーティングすることでパラッとした仕上がりになります。


そしてもう一つ重要なことは、フライパンをしっかり余熱することです。

フライパンから煙が出るくらい熱い状態が適正です。ただ、自宅の換気設備が充分でない場合は、私のようにベランダでカセットコンロで作るなど、工夫が必要かもしれません。


[出来高] 2人前 [準備時間] 10分 [調理時間] 10分 [保存] 冷蔵庫で2-3日 [難易度] C*(A=難しい E=簡単)

 

[材料 2人前]


-豚バラスライス 160g

-塩 2g


-ネギ 2束

-キムチ 50g

-しょうが (皮を剥いた状態で) 20g

-にんにく (皮を剥いた状態で) 30g

-卵 4個


-冷ご飯 500g

-塩 4g

-酒 20ml

-黒こしょう 適当

-しょうゆ 20ml *1人前あたり10ml



[レシピ動画]


(Chapter)

0:00 下準備

2:39 調理パート(1/2)

5:24 調理パート (2/2)


 

[作り方]


[Chapter 1 : 下準備]

  1. 豚バラ肉を1cm 角くらいに切り、2gの塩をしておきます

  2. ネギの根の部分をみじん切り、葉を輪切りにします

  3. キムチは米と似たようなサイズに切ります。

  4. にんにくと生姜も、みじん切りにします。

  5. 卵を混ぜてボール2つに分けておきます。

  6. 卵のうち半分と塩 4g を米にまぜておきます。

  • キムチは発酵食品なので旨味を多く含みます。必ず加えましょう。

  • 卵とご飯をあらかじめ混ぜておくとベチャっとなりにくいです。

  • ご飯を炊く時は、あらあじめ米の重量の1%の昆布と共に水に一時間から一晩漬けておきましょう。これが昆布出汁ご飯となり旨味がアップします。



[Chapter 2: 調理パート(1/2)]

  1. にんにく、生姜に多めの油を冷たいフライパンに乗せて、弱火で加熱します。

  2. 色づきだしたら、豚肉を入れます。ここから強火です。

  3. 軽く混ぜて油を絡ませたら、数分放置して火を通します。

  4. 全体が白っぽくなったら混ぜて、ネギの根とキムチを加えます。

  5. 軽く火を通したら、酒を加えて、アルコールを飛ばします。

  6. 残りの卵を加えて、スクランブルエッグ状になるよう優しく混ぜます。

  7. 卵に火が通ったら、一旦皿にあげておきます。



[Chapter 3: 調理パート(2/2)]

  1. フライパンをふいて、油を30ml入れて強火で煙が出るくらいまで予熱します。

  2. 米投入。混ぜながら油を馴染ませます。ここでフライパンは振りません。

  3. 米がパラパラになってくるので、黒こしょうとネギの葉を加えます。

  4. そして先ほどの豚キムチも投入。

  5. 混ざったらここからはフライパンを振ってもOK!

  6. 最後に鍋肌にしょうゆをまわしかけて、さっと混ぜたら完成!!!

  • 米がパラパラになるまでフライパンは火の真上に固定し、振らないようにしましょう。やたら動かすとフライパンから熱が逃げてパラっとしなくなります。


Comentários


記事: Blog2 Post
bottom of page